水はすべて


水は、全てである。

ある方に以前頂いた言葉の中にこの言葉がありました。



その時は、なるほど、、

と思っただけだったのですが。


水の動きを考えてみると。

命の根源であり、脈であり、形を変え、常に流れ循環しているものである。

少なくとも地球上では、ないとほとんどの生物が生きられない、そもそも産まれることすらない。

そしていつか水は身体から抜け出て、また新しい命に変わる。



それは確かに全てであるものだな、とただ知識としてではなく、感じるようになりました。



また、その中にあなたは産まれながらに叡智に繋がりすべてを知っている水神であるという言葉と、人魚の姿が描かれていたんですね。

他の方のが薔薇とか石とかだったみたいだから、私もどんな『もの』なのだろうかと思っていたら、水神だったのですよ。



そもそも私は宗教とかないし、占いとかも観てもらうこととかなかったし、今よりもっと何も見えてなかったから、普通なら神?!なにそれ🙄となるはずなのですが…その時はなぜか不思議とああ、そうだなぁと感じたんですよね。


ただその時には、自分に対して大きな意味合いを持たせることは、愚かなことだ、烏滸がましいというような気持ちが邪魔をしていて、かえって歪んだ見方をしていたというか…純粋にその言葉を受け取ることができていませんでした。

と、今思います。



(ちなみに後にも先にも自ら観て頂いた経験は、その時だけで、その方はもう今は辞めておられます。)



実際私はその時には、すでに人魚のイラストをたくさん描いていたので、ああ、だからだったのかとも感じたんですよ。

懐かしいなぁ。






あ、とはいえ腑に落ちた今も、私は普通に人間ですよ!笑

私個人は全然すべて知ってるには程遠い無知な存在ですが、、笑

ただそういう象徴としての表現と、今していることと、これまでのこととかがスッと繋がってわかりやすかったのです。



あの時も私は転換点にいて、今よりもっと不確かな気持ちの中にいたなぁと。


今も大きな転換期の最中ではあるんだけど、あの頃と違って、もはや内側は少し前にその期間を出たなという感覚にあります。

何故か、とても不思議な明確さがあるから。

勿論、変化は永遠にし続けるものだから、変わらなくなることはないけど、大きな意味で1つのサイクルから抜けたという意味です。



もしかしたら、内側の大きな変化はあの頃から始まっていて、今その総仕上げなのかなという気持ちでもあります。

総仕上げというか、よくやくそれを外で見せてもらえるタイミングが来たというか。


そういう意味では2017年くらいから2022年までという5年ほどの流れの一区切りだったのかと思うと、感慨深さすらありますね。




それぞれの方によってタイミングは異なるかもしれませんが、もしかしたら大きな意味でそのくらいのスパンでずっと繰り返していることへの、最終結論みたいな感覚といえばいいのかな。

それが今明らかになってきてる方も多いんじゃないかな?


そう思えない人は単に認めてないだけなのでは?




水は感情でもあります。


水の流れを止めないように。

堰き止めると濁り腐る。

恐ろしく感じるのは、固めた恐怖が見えるからというだけなんだから。


でね、ときに腐らせてしまってもいいです。

蓋をして、置き忘れてしまうこともあるでしょうから。


それに気づいた時に、流せば良いのでね😌



嫌な想いに関しての場合に、蓋をするのは想像に難くないと思いますが、それは良い気持ちにも言えることです。

あなたが誰かを想う気持ち、思いやり。

嬉しい気持ちとかもそう。



例えば期待したくない、恥をかきたくないという気持ちがそれを閉じ込める。

あとは、私だけがという罪悪感。



でもね、あなたの想いはあなたの為のものだから。

あなたが誰かや何かに対して思いやりを持った、その想いは必ずどこかであなた自身に届けられます。

ただ短いスパンで見ると受け止めてもらえなかったり、無下にされたり、伝わらなくてなんだか、損しているように感じることもあるかもしれませんし、逆に申し訳なく感じたり、嫌われたくないと思う気持ちが邪魔をすることもあるかもしれません。


ただ、そこで外側をコントロールしようとしないでくださいね。



それから、誰かを想う時、それがどんな相手だとしても、あなた自身にも同じくらいその想いを向けること。

片一方では、いつか壊れてしまいます。



それを忘れないでください。



さて、まだまだ夏はこれからですが、そろそろ雨が降ってくれますかね?

皆様も水分補給を忘れずに、ご自愛くださいね☺️